俺のアイドルまとめ

でんぱ組や地下アイドルを中心にまとめるブログ

ドコモidとは何か、確認・変更方法やエラー発生時の対処法について

   

※「docomo ID」は「dアカウント」に名称変更しました。

「docomo ID」は、そのまま「dアカウント」としてご利用できるようです。

当記事においては、「docomo ID」=「dアカウント」として読んでいただけたらと思います。

docomoの携帯電話を使っていると、下のようなメッセージが出てくることがあります。

  • 「アップデート確認失敗 docomo IDの登録が必要です」
  • 「エラー Wi-Fiでご利用になるためにはdocomo ID・・・」
  • 「docomo IDが端末に設定されていません」

今日はドコモid(dアカウント)について、わからないことがなくなるように、確認・変更方法や、上記のようなエラーが発生したときの対処方法をまとめてみました。

ドコモidとは

NTTドコモが提供するスマートフォン・パソコン向けサービスを使用する際に、本人確認のために必要なIDのことを「ドコモID(docomo ID)」と言います。
※2016年dアカウントに名称変更

docomo IDは、スマホの電話番号に紐づいていますので、1つの契約ごとにそれぞれdocomo IDを持っています。

スポンサーリンク

何のために必要なのか

ドコモクラウドと呼ばれるサービスを使用する際などに、一部で本人確認のために必要となります。(「ドコモ電話帳」、「フォトコレクション」など)

クラウドとはざっくり言うと、セキュリティがしっかりしたインターネット上にデータを保存しておくことです。

これにより、もしも携帯電話が急に壊れても同じドコモid(dアカウント)を使うことによりクラウドに置いてあるデータを引き出すことが可能になります。

例えば、ドコモ電話帳の例をあげると、電話帳に電話番号などを保存すると定期的にクラウドにデータをアップロードしてくれます。(設定変更でクラウドにデータ保存をオフにすることも可能です)

ちなみに、普段使用しているドコモLTEネット回線では、ドコモクラウドを使う際に、ドコモid(dアカウント)でのログインは必要はありません。

なぜかというと、ドコモからしたらちゃんと本人がドコモクラウドを使っていると管理できているからです。

ですが、ドコモ回線以外を使用、つまり、Wifiを使用しながら、ドコモクラウドを使用する場合、悪い人が勝手にデータを盗み見るのを防ぐために、ドコモid(dアカウント)でのログインを求めます。

ドコモid(dアカウント)新規作成方法

ドコモid(dアカウント)の新規作成方法は以下の通りです(無料)。

  1. dアカウント公式サイト】にアクセス
  2. 無料のdアカウント発行をクリック
  3. 【ドコモのお客様】の欄から指示に従って必要事項を入力

ドコモidの確認・変更方法

docomo IDの確認・変更方法は、下の通りです。

  1. スマートフォンから【dメニュー】にアクセスする
  2. 【My docomo お客様サポート】をクリック
  3. 【dアカウントメニュー】をクリック
    (結構下の方にあってわかりづらいです)
  4. 基本設定のところからID確認・変更などを行えます。
    ※ネットワーク暗証番号が必要です。

エラー発生時の対処方法

記事冒頭にも書いた様なエラーメッセージが表示されたときの対処方法についてです。

  • 「アップデート確認失敗 docomo IDの登録が必要です」
  • 「エラー Wi-Fiでご利用になるためにはdocomo ID・・・」
  • 「docomo IDが端末に設定されていません」
スポンサーリンク

このようなエラーが発生する場合は、Wi-Fiを使用してるときが多いのではないでしょうか。

それぞれのエラーメッセージをクリックするとアプリのページに飛びますが、要約すると、

Wi-Fiを使用しながらドコモクラウドを使うにはdocomo ID(dアカウント)の登録やログインが必要ということです。

なので、指示に従って設定するか、もしくは、Wi-Fiを切ってドコモ回線でアプリを使用しましょう!

ここまで見てくださってありがとうございます。
もし、わからないことなどありましたらコメント欄にコメントお願いします!

ちなみにですが、ここからは私おすすめのモバイルバッテリーを紹介します。

Amazonカスタマーレビューにも書いてありますが、星5つ評価を1400件以上獲得するなど、モバイルバッテリーの中でも抜群のコストパフォーマンスの高さで有名です。

一時期はやったポケモンGoの影響で品薄状態もありましたが、最近は落ち着いてきたみたいです!

※注意:販売元のAnkerDirectで購入することをおすすめします。特に中古商品なども場合、粗悪品を郵送されることもあり、トラブルの恐れがあります。

 - android