俺のアイドルまとめ

でんぱ組や地下アイドルを中心にまとめるブログ

おすすめのグルメ漫画を約90冊まとめてみる【マンガ】

   

1: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 12:09:25.02 ID:HCGzuZjH0.net
教えてください。
流行りの物から昔の物まで何でも

引用元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/comic/1435288165/


スポンサーリンク

6: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 18:00:20.28 ID:7z701cVb0.net
孤独のグルメ
13: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 15:42:58.24 ID:iCGBhKQB0.net

最近読んだものなら、
・喧嘩寿司
絵:山本貴嗣、原作:白川晶
握りずしの元祖華屋與兵衛を主人公にした漫画。
やま風の明治もののように同時代の人物を出して話を広げている。

・孤食ロボット
作:岩岡ヒサエ
単身者の食事サポート(作ってはくれない。)をしてくれる小さなロボットと
ロボットによって様々な意味で温かい食事をする人々のオムニバスドラマ。
温かい雰囲気に成れる漫画

・そうだ、食べ放題いこう。
作:西つるみ
食べ放題ルポ漫画。フィールヤングの個性的な編集達が
魅力的な漫画。フィールヤングの入社枠に大食い枠が
あるかと思うほど。

・おしゃべりは、朝ごはんのあとで。
作:秀 良子
様々なとこに行って朝ごはんを食べる自腹旅エッセイ。
作者の人となりや編集との掛け合いが面白い。

グルメマンガじゃないけど読むとトンカツが食べたくなる漫画で
・とんかつDJアゲ太郎
絵:小山ゆうじろう、原案:イーピャオ
トンカツ屋の倅の揚太郎がトンカツ屋とクラブのDJに共通点を見出し
トンカツ屋とDJの両立、トンカツDJを目指す漫画。
基本ギャグマンガだが、修行、師匠、技、ライバルの存在、友情、あこがれの女の子など
少年漫画の王道も押さえている。
トンカツ屋での経験をDJに生かすシーンはオススメ。

 

14: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 15:50:38.49 ID:3dLa2MNi0.net
>>13
あなたが神か

 

15: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 15:53:34.00 ID:+8/IUGgT0.net
最近のだと「だがしかし」ダントツニ好きだわ
32: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/30(火) 18:23:53.31 ID:976yaqda0.net
>>15
「だがしかし」いいよね
食べたことない駄菓子食べたくなるわ

 

20: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 22:02:44.09 ID:ZZR+E8180.net

グルメ漫画かどうか分からないけど食を扱った作品なら

・築地魚河岸三代目
築地市場の仲卸の三代目が主人公
養殖の薀蓄とか後継ぎ不足の問題とかも扱ってはいるけれど
基本は各土地の美味しい魚、珍しい魚を紹介して美味しく食べる漫画

・甘々と稲妻
妻を亡くした高校教師のと幼稚園児の娘、生徒の女子高生が仲良くご飯作って食べる漫画
紹介されるレシピもごく普通のハンバーグとかお好み焼きとか
特に大事件は起こらない。ほのぼの漫画

・まんが家さんの修羅場めし
そのまんま、漫画家へのインタビュー形式で修羅場めしを紹介
さいとうたかをとか池田理代子美樹本晴彦、とか、大物すぎる漫画家も登場

 

23: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:49:47.51 ID:1dxyXgaP0.net

王道なら

包丁人味平
絵:ビッグ錠 原作:牛次郎
料理漫画を世間に広めた漫画。
ジャンプ漫画の基本、ライバル、修行、必殺技、仲間達との友情
などを抑え少年漫画としても王道。
「カレー戦争」編はオススメ。

鉄火の巻平
絵:たがわ靖之 原作:大林悠一朗
寿司漫画の大家。
亡き父に言われ、寿司職人を目指す巻平。
青年誌なので味平より泥臭く、男女の縁などをも書いている。
太極拳握りなどいかにも漫画らしい場面もあり。

美味しんぼ
絵:花咲アキラ 原作:雁屋哲
アンキモがフォファグラよりおいしいとか、わさびを醤油に溶かしちゃ
だめとかみんなが言い始めた元凶の漫画。
個人的には初期(10巻ぐらい)までが面白い。

 

24: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 13:53:15.94 ID:1dxyXgaP0.net

続き

クッキングパパ
作:うえやまとち
レシピ付き料理漫画の大家。
サラリーマンであり、料理名人の荒岩一味を中心繰り広げられる
一話完結(たまに数話にわたるものもある。)ホームドラマ。
毎回料理レシピが付くのが特徴的。
最近はレシピ「おにぎらず」のおかげで再注目をあびている。

酒のほそ道
作:ラズウェル細木
サラリーマン宗達が仕事帰りの一杯や友人、仕事仲間との酒盛りなどが描かれている。
時々入る独自ののん兵衛論が面白い。
締めの後の豚骨ラーメンを食べるかどうか葛藤するシーンや、
明日朝早い仕事があるのに結局遅くまで飲んでしまうところなどは
今日考えられる。

スーパーくいしん坊
絵:ビッグ錠 原作:牛次郎(途中から原案)
無茶苦茶な少年料理漫画の大家。
主人公の香介がやたら喧嘩を売って、料理勝負するのが基本。
調理方法が明らかに不可能なものも多い。
最初は1話完結。5巻くらいからは2,3話の話になる。

 

25: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/06/28(日) 14:10:15.65 ID:1dxyXgaP0.net

他は

寺沢大介の「ミスター味っ子」、「翔太の寿司」
とくにミスター味っ子のアニメ版はその後料理漫画における
食べた後のリアクションが大げさになっていくことの走り。

たがわ靖之の「包丁無宿」
絵:加藤唯史、原作:剣名舞の「ザ・シェフ」
どちらも流れの料理人が活躍する1話完結の料理漫画。
「包丁無宿」は和食、「ザ・シャフ」はフランス料理。

絵:さとう輝 原作:九十九森の「江戸前の旬」
「柳寿司」3代目柳葉旬を主人公とした寿司漫画。
基本1話完結のスタイルを取っているが数話にわたることもある。
作中で時間が経つタイプの漫画で主人公は子供もできてる。
やたらスピンオフ漫画ある。
主人公の若い時、父親の若い時、同じ世界観で女の子が主人公の者など。

笠太郎の「板前鬼政」、「流れ板竜二」(原作:牛次郎)
どちらも流れの料理人が主人公。
鬼政は妹を探すため流れの料理人をやっている。後に作者の
別漫画で妹と一緒になることになった。

 

174: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 08:09:36.81 ID:M+nSVvez0.net
>>25
鬼政で妹と一緒になった別漫画のタイトルを教えてほしいです

 

175: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/08(火) 20:55:59.47 ID:3K3sKpyr0.net

>>174
13,4年前にマンサンで連載していた「出張料理人旅日記ふくすけ」だったはずです。
出張料理人の父親と娘が2人で色々な仕事先で料理で問題を解決する流れ板ものです。
最期の方は分かれた妻が出てきて、別れた妻のいる料理組織と勝負するような話だった
と思います。
鬼政の回は少し物悲しいオチだった記憶があります。

検索してみても単行本の存在が引っかからないので単行本は出てないかもしれません。

 

44: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 12:50:23.62 ID:MBkyDRHn0.net

ラーメン発見伝
絵:河合単 原作:久部緑郎
ラーメンをメインにただ味だけでなく、コストやサービスなどラーメン店として
の成功を重視した傾向のあるマンガ。
主人公よりもライバル役の芹沢が圧倒的にキャラが立っている。
スピンオフの「らーめん才遊記」にもでており、こちらの主人公の
指導者役で出ている。

渡職人残侠伝 慶太の味
絵:橋本弧蔵 作:早川光
同作者達の「きららの仕事」のスピンオフマンガ。
もと江戸前寿司職人だった坂巻慶太が渡りの料理人として
活躍する漫画。
謎を解くカギが毎回、親父ギャグだったり、毎回やたらと
坂巻の肉体美が出てくるが料理はちゃんとしている。

ダシマスター
絵:松枝尚嗣 作:早川光
ダシ取りの達人ダシマスターと呼ばれる出張料理人が主人公。
最初は依頼を受け、料理を通じて依頼人の心を慰めたり、
人とのつながりを意識させる作品だったが、
後半になると実家の料亭のめぐる異母兄弟との対立に話が移る。
たこ焼きの絵をネットから無断で使ったため未完で打ち切られた。

 

46: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/04(土) 13:22:17.78 ID:MBkyDRHn0.net

おなかはすいた?
作:東城三紀夫
甘やかされて育てられた料亭の一人息子である主人公。
両親が事故で亡くなり、1人になった時
中国から中華料理の達人の女の子が婚約者として会いに来る。
とまあ良くある設定だが、多くの客をさばくためにメニューで
客の注文をコントロールする方法、化学調味料の肯定的な使い方
などあの頃の料理漫画にしてはあまり扱っていない題材を使っている。
最期は漫画らしく料理大会、決勝戦は主人公が料理人として男として
成長しているシーンで幕を閉じる。

私立味狩り学園
絵:谷上俊夫 作:あかねこか
リンゴの皮むき勝負で負けた主人公が勝った料理学校の学園長の料理学校に
入門し、様々な料理勝負をする。
「パン一で回転して作る料理」「イワシを生きたままあげるテンプラ」
「圧力鍋の中身をフタもあけず振動で感知する」「カンヅメのスープを匂いだけでブレンド」
少年料理漫画らしく突飛な料理も多いが、それに負けない勢いのある漫画。

 

51: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 22:49:16.23 ID:cRiYKh2I0.net

極道の食卓
作:立原あゆみ
やくざの組長の久慈雷蔵55歳、熟年離婚を機に夜間高校に
通うようになった。
昼はヤクザ、夜は高校生の2足の草鞋を履きながら
年下の同級生を助けたり、他の組と抗争しながらのグルメな日々を過ごす。
映画化もしていて、これもオススメ。
続編に獄中編がある。

最後のレストラン
作:藤栄道彦
主人公のレストラン「ヘブンズドア」に死ぬ間際の歴史上の有名人が来て、
その死の間際の料理を満足する1皿として提供する話。
洋の東西時代を問わず色々の人物が出てき、また支払いがそれぞれの
持っている物で支払う流れが面白い。
コメディタッチなのでそれほど悲壮感は無い。

あさめしまえ
作:北駒生
主人公日高元が子度の頃救われた食堂アサメシマエの閉店を知り、
食堂の一人娘早夜子と店を営む。
朝ごはん屋なので朝ごはんがメイン、レシピ料理漫画付き。
1話完結のハートフルな話が多い。
主人公は27歳、ヒロインは早夜子は34歳子持ちバツイチ。後で、
元旦那も出てくる。

 

56: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 23:13:12.00 ID:s8eHg9DW0.net

ダンジョン飯
作:九井諒子
RPGなどによくある、ダンジョンアタックと倒したモンスターを調理する
グルメとがまじりあった漫画。
古いゲーム好きならダンジョンマスター思い出すかもしれないが、
グルメ面へのリソースの割き方が圧倒的にこちらの方が大きい。
モンスターの生体、それに基づく調理方法の考察などが面白く、
古いSFやファンタジーの考察好きや、TRPG経験者などはきっと気に入るだろう。

一の食卓
作:樹なつみ
あの新撰組の斎藤一+洋食という組み合わせの漫画。
ヒロインの西塔明(さいとうはる)は幼い頃、彰義隊に両親を殺され
逃げていたところフランス人でパン職人であるフェリに拾われる。
その後パン作りを学びパン屋のフェリパン舎に勤める。
そこに藤田(斎藤一)が勤めに来るところで物語が始まる。
当時の日本人がパンのクラフト(皮)を食べずにとる話や、
イーストが無く天然酵母でパンを作っていたりと当時の風俗の事も
書いてあり、そこも興味深い。

 

58: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 22:39:14.87 ID:Ne+XGH/D0.net

花寿司の幸
作:村上茂雄
気仙沼の寿司屋みなと鮨の看板娘幸がお客さんに喜ばれる
寿司職人を目指す漫画。
気仙沼を舞台なのでご当地の寿司ネタ(マンボウ、フカヒレなど)がでてき、
また海外の寿司情報なども詳しく描かれている。作者の実家が寿司屋なので
詳しいもよう。

味なおふたり
絵:藤みき生 作:東史郎
寿司薀蓄漫画。寿司屋の小僧である平太が叔父の寿司屋で
一人前の寿司職人を目指す。
親方や娘さん、弟弟子の智との日々が描かれる。
日本人の好きなネタの話や、季節のネタ、寿司の食べ方の話など
寿司の薀蓄がメインの漫画。料理勝負などはなく、日々の生活が描かれている。
戦後の寿司屋台では醤油の入った桶に各人で寿司を突っ込んで
食べていた話などは興味深い。

 

66: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/10(金) 21:21:54.44 ID:0OJpIoCq0.net

音やん
作:中村博文
おちょこちょいだが、人情味に厚く、腕の立つ職人の花田音三郎が主人公。
最初はあかね寿司で雇われていたが、後に仲間を引き連れ独立。
ちょくちょく寿司勝負があるが基本はお客さんとのからみから始まる薀蓄話や
人情話が多い。
個人的にはイワシ好きの社長の話とマグロ専門店を音やんがやっていた話がオススメ。

元祖江戸前 寿し屋與兵衛
絵:内山まもる 作:白川晶
握り寿司の元祖華屋與兵衛の前世に持つ男が前世の記憶を思い出し、
一流の寿司職人として活躍し、マグロ勝負や、ニューヨーク帰りの寿司職人
との五番勝負、お持ち帰りずし勝負などを行う。
最初の頃の出張寿司職人として働くシリーズも人情味があって面白い。
残念ながら作画担当の内山まもる(ウルトラマンのマンガで有名)が
お亡くなりになられたため未完。

 

70: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 01:43:07.59 ID:bZlyzE/B0.net

最期の食卓
作:鈴木あつむ
末期の患者がくるポスピスが舞台で、
入院中の患者は一度だけ好きな料理が注文できる。
それを医者で元料亭の息子で料理修行をしていた主人公が作るという
設定の漫画。設定が設定だけに感動系の漫画。
1話だけカラーでないとオチが分からない話があり、そこをちゃんとカラーページに
した出版社を称えたい。

鬱ごはん
作:施川ユウキ
就職浪人の鬱野たけしが、黒猫の妖精(主人公にしか見えない)の嫌なツッコミを聞いたり、
ネガティブな思考に陥りながら不味そうに食事をする漫画。
クリスマスに1人ケンタッキーを店で食べることになった話や大掃除中におでん缶を見つける話が
個人的には面白い。肝油ドロップの回は題材が題材だけあって悪い方に想像してしまった。
まったく美味しそうでない食漫画。

 

74: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/12(日) 22:33:27.83 ID:bZlyzE/B0.net

おとりよせ王子飯田好美
作:高瀬志帆
SEの飯田好美は週一回のノー残業デーの水曜日は夜間配達を受け取り
1人お取り寄せで幸せご飯を満喫し、ツイッターにおとりよせ王子として感想を
上げる日々を送っている。
実在するグルメなお取り寄せ品を扱った作品で主人公が実に幸せそうな顔で
食べる。主人公が炊飯用土鍋を買うくらいご飯好きなのでご飯に合うものが多めの
印象。

いぶり暮らし
作:大島千春
頼子(26)と巡(24)は同棲生活3年目のカップル。2人は週に一度の日曜に
休みが被るので手の込んだ燻製に挑戦していく。
この漫画の特徴として燻製中の時間を2ページの見開き8コマで表し、
2人の日常の風景を表現している所です。この2ページは一度に見開いて
見るのをお勧めします。

 

76: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 22:26:36.08 ID:an3xGDM30.net

マリーアントワネットの料理人
絵:里見桂 作:白川晶
マリーアントワネットのお抱え料理人磯部小次郎が料理勝負で様々な問題を
解決していく料理漫画。
実際の歴史的事件を下地にしており、元の歴史を調べてみるのも面白い。
主人公の磯部流の無敵ぶりを見るのも楽しい。

ハルの肴
絵:本庄敬 作:末田雄一郎
春野ハルは北海道から絵描きを目指し上京していたが、寮生の専門学校が廃校
途方に暮れていたところ居酒屋大門の主人に拾われるところから話は始まる。
最初はただのお手伝いだったのが、板場に立ち同世代の頑張りなどを見て本格的に
料理人を目指すようになる。
見た目も最初は金髪くせ毛に目が隠れていたが、徐々に主人公の成長とともに見た目も変わっていく。
人情味のあるほのぼのとした話の漫画。

 

80: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 20:33:02.27 ID:5haTfwvL0.net

キッチンの達人
作:清水康代
実は料理が下手な茜と好き嫌いの多い薫の新婚夫婦を中心とした1話完結のレシピ付漫画。
主人公が料理下手設定なのでレシピは簡単で実用的なものが多い。
話が進み子供が少し大きくなった頃には、料理の手際もこなれてくる様子が描写されるようになる。
夫も社会人として成長している姿が見られる。
カレーのレシピは試しに作ってみたことがあるが、美味しかった。

きのう何食べた?
作:よしながふみ
弁護士の史郎(43)と美容師の賢二(41)の男同士のカップルの日常と食事風景を描写した漫画。
女役の史郎が料理をするんだが、1手順、1手順ごとに頭の中で考えながら作っている描写が
史郎の几帳面な性格と料理が出来上がっていく感を盛り上げてくれる。
しかも店を複数回って安い店を探したり、家にある材料をどう使って料理するかを考えたりと
かなりのベテラン主夫である。

 

87: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/18(土) 23:44:41.06 ID:rJMl91Un0.net

BARレモンハート
作:古谷三敏
BARレモンハートを舞台にした1話完結物で毎回酒の紹介がある(たまに酒以外も紹介する)。
作者が実際にBARを経営するぐらい酒好きで紹介する酒の種類は幅広く、ウイスキー、ブランデー、
ワイン、カクテル、リキュール、日本酒、ビールとなんでも紹介するお酒薀蓄漫画。
連載期間が長く、初期の話は時代を感じさせる。(ドラクエとかはが懐かしい。)
初期のジョニ黒好きの先輩の話はジョニ黒が時代を象徴するお酒であることを感じさせる。
この秋ドラマ化が決定。

茶柱倶楽部
作:青木幸子
茶園の一人娘、伊井田鈴が偶然助けた老女からもらったお茶が素晴らしく、その老女を探すため
移動茶店で旅に出る。会った後は茶処と飲み手を結ぶため移動茶店でまた旅に出ることになる。
そこで探しているお茶を見つけたり、その場面にあったお茶をいれたりして飲み手の問題を解決する。

珈琲どりーむ
絵:ひらまつおさむ 作:花形怜
主人公白樺茶輔は老舗茶屋の跡取りだが、コーヒー好きで恋人の香織とコーヒー店を開く夢を持ち、
コーヒーの知識でコーヒーに関して困っている様々な人を助け、夢を目指していく漫画。
豆の種類だけでなく、入れ方、、抹茶コーヒー、コーヒー粉をお菓子に利用したりと色々と
幅広いコーヒーの話が出てくる。
この本を読むまでアメリカンはお湯で薄めているものと思っていました。

 

96: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/20(月) 19:03:06.66 ID:h93MboKj0.net

いいなりゴハン
作;森繁拓真
となりの関くんで有名な作者が、姉で漫画家の東村アキコ(代表作:ママはテンパリスト、海月姫など)
の命令でエッセイ物をやれと言われ、姉の進める店に行って感想を描くグルメエッセイ漫画。
1巻hさ姉のチョイスで、2巻は知り合いのオススメの店に変わっていく。
個性的な人が多く、特に作者のお父さんは超個性的。
個人的には1巻の頃の「姉の言いなりの弟」であった時の方が面白い。
あと前に紹介した「おなかはすいた?」に出ていた揚げたギョーザをスープで煮たものが
実在するのも知れたのが良かった。

おもひで飲食展
作:北見けんいち
昭和20~40年の懐かしい食べ物を題材にノスタルジーに描いた漫画。
戦後の進駐軍のくれたチョコ、初めてのピザ、小麦粉を炒めた家のカレーなど
が出てくる。印象に残っているのはバナナの皮をむかずに食べてしまう話と、
作者の赤塚プロでの先輩高井研一郎と(代表作は山口六平太、横浜百年食堂など)
いっしょに上海に行って昔を懐かしむ話。(高井は上海育ち、北見は満州育ち。)
この手の懐かし漫画は読み比べると扱っている時代が同じでも描き手の年代や
地域で変わってくるのが面白い。

 

99: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/22(水) 21:18:46.52 ID:vRi9klR30.net

一本包丁満太郎
作:ビッグ錠
カツ丼屋の3代目満太郎が実家から出て、様々な料理勝負をしていく漫画。
個性的なキャラが多く、ファッショナブルなおにぎり屋や意味深に出てきた後
出てこないお好み女王、月に飛んでいくフグなどは良くネタにされる。
おにぎり勝負やお好み焼き勝負などは突拍子の無い料理が出るが、
銀行の食堂の立て直しや偏食の少年を直す話などでは普通の料理も出てくる。
個人的には銀行の食堂の話と牛丼屋VSバーガー屋の話が面白い。

チャンプのディナー
絵:関たかみ 作:W・ウッド
ボクシングの世界チャンプである氷室料介が料理勝負をする漫画。
一応最終話でボクシングシーンが少しだけ出てくるが、ただの添え物。
1話目から主人公が肉をサンドバックのように殴りながらローストビーフを作ったりと
中々突拍子もない漫画。ボクサーなのに減量前にたらふくうまい物をくってから
減量を始めるボクサーはこの主人公ぐらいなもの。
私はこの漫画で五味五色を知りました。

 

105: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/25(土) 11:55:02.81 ID:S7Yvj03p0.net

信長のシェフ
画:梶川卓郎 作:西村ミツル(途中まで)
戦国時代にタイムスリップしたケン。ケンは自分に関する記憶は失っているが、料理や歴史の記憶は
あり、その知識と技術、現代の料理でもって織田信長に仕える。
「アーサー王宮廷のヤンキー」「戦国自衛隊」などと同じタイムスリップ物の1つ。
戦国時代は醤油なども無いため色々と工夫している場面が見られる。

花板虹子
作:笠太郎
メガネをかけてあまりぱっとしない見た目だが、料理の腕は凄腕の清水虹子。
実は男に舐められたり、ちょっかいかけられないようワザと不細工に化粧している美人料理人だった。
「名探偵保健室のオバさん」などと同じ普段は不細工だけど実は美人設定の漫画。
天才料理人との勝負、料理勝負相手の料亭の女将による妨害など困難を乗り越え
父親の残した料亭の再建を目指す。

 

107: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/26(日) 21:31:14.39 ID:w3Fr7O4C0.net

ドカコック
作:渡辺保裕
建築現場で働く土工でありながら料理の達人ドカコックが料理を作って問題を
解決する1話完結の漫画。
調理シーンは建築工程やオーガスクリューなどの建築機材などで表現される。
ケンシロウ張りの肉体の主人公、ドカうま、ドカコロなどドカの付く言い回しなどが
が独特の世界観を広げてくれる。

日曜日は、ネコごはん
作:山本喜子
家事が得意な夫シュンと苦手な妻なっちゃん、そして猫のしっぽ。
毎週日曜、家事の苦手な妻が夫の助けも借りながら猫のご飯を作っていく漫画。
単行本には毎話ごとに猫ご飯のレシピも付いている。
人向きではなく、猫向きグルメマンガ。

 

110: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 11:16:58.04 ID:JCwjRCn20.net

ジョジョのトニオさんの料理は食べて見たいな
あれ、心臓悪い人が食べたら1回心臓を口からぶちまけそうだけどw

>>107
ネコ飼った事もないし取りたてて猫好きってわけでもないけど、その漫画気になるわ
ネコのご飯作るマンガなのか…

 

111: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/28(火) 22:03:10.44 ID:fmVTlu7y0.net

極道めし
作:土山しげる
刑務所の受刑者たちが自分達が食べた食い物の話をして、一番聞いていた者の喉を鳴らした
勝ちという食い物話勝負をする。
グルメマンガなのに登場人物が調理も食べもしない絵図らしい漫画。
他人に話すので珍しい料理でなく、馴染みのある料理が出てくる。
すき焼き丼の話が個人的にオススメ。

正確にはグルメマンガではないが食事シーンが良くてオススメの漫画

大東京ビンボー生活マニュアル
作:前川つかさ
東京でビンボー生活をしているコースケ(彼女有)の日常ビンボー生活を描いた1話4,5ページ
の1話完結漫画。
のり弁を熱く語るところ、牛丼の肉をビールのあてにするシーン、アンパンをオーブンで温めるシーン
など日常のささやかなごちそう感がして食べたくなること請け合いである。
マニュアルとあるがそれらしい話は最初だけで途中からは完全に無視される。作者自身も
この漫画はマニュアルではないと言っているのだが、愛蔵版やコンビニコミック版では何故か
マニュアルが部分が強調されている。
同作者が描いている「票田のトラクター」(一番最初の物)に出てくる選挙応援の時の弁当の
話もオススメ。

 

116: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/07/31(金) 23:08:42.49 ID:5x8FJwGK0.net

幸せレストラン
作:中西やすひろ
最初は亡き父のレストランを本格レストランとして復活させたい主人公耕助は、
お客さんが幸せになる料理を提供するためカタチにこだわらない料理を出す義母有子に反発していた。
途中からは尊敬するようになり主人公が修行の旅から帰ってきてからは有子を息子として、男として
支えられるようになる。
最初は有子が料理で客を幸せにする話がメインだったが、途中修行の旅に出てからは幸助メインの話に変わる。
おいしそうな料理は1話のフォワグラ丼、印象に残る話はキャバレーにくる生臭坊主の若い頃の料理僧
エピソードが良かった。

丼なモンダイ!
絵:吉開寛二 作:花形怜
農水省の落ちこぼれ役人の主人公と新人の女の子がが米の消費向上のため丼屋を始めるというストーリー。
お約束として主人公は名料理人の息子で料理人を目指していた経験のあり、その知識と腕で
様々な丼料理を作る。主人公のライバル役が作る米粉のドリヤが実に美味しそうだった。
中々面白かったが掲載していた雑誌「食漫」が廃刊したため2巻で完結してしまった。

 

121: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/02(日) 16:06:57.03 ID:9WYXA43+0.net

>>116
幸せレストランキター!

グルメ漫画ライブラリーみたいになっとるな

 

117: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 22:57:52.55 ID:5NSZ/ztl0.net

ろりめし
作:猫間ことみつ
小5の女の子(小3ぐらいにみられる)が大人に憧れて居酒屋や
うなぎ屋など大人向けのランチを食べる漫画。
ギャグ調で主人公の思い込みなどが強く表現されているので作風は
食の軍師や野武士のグルメに近い。
webコミックのLEED cafe連載中。

深夜食堂
作:安倍夜郎
深夜0時から朝7時までしか営業しない「めしや」のマスターはメニューに無い物でも
言えば何でも作ってくれる。そこを舞台に客たちとの交流を描いた漫画。
毎回料理の一品が題名となり、その料理に思い入れのある人物をメインに1話完結で
描かれる。
作られる料理が家庭料理的なものが多いのも特徴。
ドラマや映画も存在する。

 

130: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 19:28:02.83 ID:Frp3Wkq80.net

炎の料理人周富徳
絵:今泉伸二 作:荒仁
実在の料理人周富徳の半生を描いたという設定の漫画。
しかし連載中にTV番組の浅ヤンで周富徳本人がほぼ創作であることをばらしている。
内容自体は意地悪な先輩やライバルなどが出てきたり、料理で問題を解決したりと
オーソドックスな中身になっている。

豆腐百珍百番勝負
作:花福こざる
江戸時代に流行した豆腐料理本「豆腐百珍」の料理を実際に作って食べてみるという
料理エッセイ漫画。
「豆腐百珍」の名前自体は有名だが、どんな豆腐料理が載っているか知らなかったので
興味深く読めた。またエッセイとしても面白く、題材、中身とも良品。

 

131: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 20:58:44.87 ID:WAWGN6wU0.net

おかゆねこ
作:吉田戦車
主人公の所にしゃべり病にかかり、言葉をしゃべり人間並みの知能になったネコが
来て、おかゆを作ってくれる。毎回おかゆのレシピが出てくるが、かなり無茶なレシピもあり
作者自身も試して美味しくないレシピなども書かれている。
吉田戦車らしく無茶苦茶なところもあるが、たまにほっこりさせてくれる漫画。

飯盛り侍
絵:やまだ浩一 作:井川公彦
戦国時代の足軽弥八が「飯が人を作る」をもっとうに飯の力で色々と問題を解決
していく漫画。目を良くさせるためウナギや木苺を食べさしたり、魚取り用の
火薬の硝石を肥やしから作ったりと色々活躍する。
この手の戦国物には珍しく龍造寺から始まり、後に毛利家に仕える。
原作者は井川香四郎名義で時代小説を書いている小説家。ドラマの脚本もやっていた。

 

133: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/09(日) 22:58:47.62 ID:AOvZQA7t0.net

いつかティファニーで朝食を
作:マキヒロチ
アラサー女性たちが日々の生活で色々な問題を抱きながら、
美味しい朝食を食べ、次への活力として頑張って行く漫画。
食べる朝食は実際にあるお店であり、単行本の後ろに紹介されている。

戦争めし
作:魚乃目三太
太平洋戦争中、戦後の兵隊達の食事風景を描いた漫画。
ムッシュ村上の逸話や、戦後の握り寿司の委託加工の話は聞いたことが
あったが、沖縄の収容所のスパムチャーハンの話のように米兵がお米を
食べる話は聞いたことが無く、興味深く読めた。
作者らしい温かい話が多かった。
漫画ではないですが、兵隊の食事風景と言えば体験者の「海軍めしたき物語」という
名著がオススメです。

 

137: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 23:48:34.01 ID:WBe7B4ly0.net

漫画家ごはん日誌
作者多数
FEEL YOUMGで連載していた1Pコミックエッセイ漫画。
毎回執筆者が変わり、総勢50名もの漫画家が描いている。
子供時代、自分の好きなもの、得意料理など描いている内容も
様々で作者の特徴が色々出て面白い。
中学時代に合った本にうけた影響を描いた小池田マヤ、
失敗したタルタルソースの話を描いたカラスヤサトシ、
相変わらず体はってる二ノ宮和子などが個人的にオススメ。
後何故か許斐剛のインタビューもある。

BL作家の勝負飯
作者多数
文字通りBL作家達の修羅場時食べる物を題材としたアンソロジーで
1人2P(たまに1P)ほどで描いてある。
手軽に作れるものや洗い物を出さないもの、栄養ドリンクのみ、エア飯など
修羅場対策も人それぞれ個性が出ている。
知っている作者が「魔法少女 俺」の毛根一直線ぐらいだったが面白く読めた。
エア飯の本仁戻、栄養ドリンク話の博士、蜂不二子、
アニメの腹チラから狂った妄想をする毛根一直線あたりがオススメ。

 

138: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 21:11:47.05 ID:LYUyJwfk0.net

グルメマンガじゃないけど食の話が有るもの

玄人のひとりごと
作:中島徹
プロ雀士の南倍南(みなみばいあん)が色々なことに玄人ぶる
1話完結の漫画。食べ物回もあり、他人の弁当の食べる順を予想したり、
玄人な弁当の食べ方などバカバカしく、また知ったかぶって
失敗する話はちょっと心当たりがあって面白い。
残念ながら作者が亡くなったため未完。

よしえさん
作:須賀原洋行
作者は奥さんのおかげで出世できた漫画界の山内一豊の1人。
その奥さんをモデルにしたキャラよしえさんの人気が出てできたスピンオフ作品。
作者家族の日常を描いたギャグ漫画で時折作者自身が手の込んだ料理を
作ったり、多様な日本酒が出てきたりする。
日本酒を扱ったエッセイ漫画も描いていたが、奥さんがすで亡くなっている事を
あかし打ち切った。その後奥さんを幽霊にし執筆中。

 

140: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 23:40:04.28 ID:yatqRJ9j0.net
けずり武士(全二巻)
作:湯浅ヒトシ
舞台は江戸時代後期、貧乏侍の荒場城一膳は裏稼業で悪を討ちながら
命のやり取りで削れた心を食事で癒やす。
登場する料理はシジミの味噌汁や寿司など現在でもありふれた物だが
当時の庶民の食生活がわかって面白い。

 

141: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 17:59:28.52 ID:I8Wr0B2o0.net
銀平飯科帳
現代の神田で創作居酒屋を営む主人公がふとしたことから江戸時代と現代を行ったり来たりする話。
現代の料理人が過去の時代に行って現代の料理の知識を生かした料理を作るってのは
「信長のシェフ」とかぶるけど、主人公も江戸時代の料理や食べ物にヒントを得て現代の自分の料理を開拓するってのは新しいかも。

 

156: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/08/23(日) 10:36:58.50 ID:fbx0bD+y0.net

なんつーか、グルメ漫画も飽和状態だな

そば屋幻庵
シナリオ:梶研吾 漫画:かどたひろし
蕎麦好きが高じて蕎麦の屋台を始めてしまった、元勘定方の旗本の隠居が主人公
メインは江戸の人々との人情物や事件解決だが、蕎麦を求めて信州を訪れた事も
時代物だが絵はすっきりしており、一話完結なので時代劇に興味ない人でも読みやすいかと

 

167: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 22:28:19.69 ID:D7eoVsjc0.net

忘却のサチコ
作:阿部潤
文芸誌の編集をしている主人公幸子は死後とも順調、結婚も決まり順風満帆
だったが、結婚式当日に結婚相手の俊吾に逃げられる。
なかなか俊吾のことが忘れられない幸子は美味しい物を食べた時の
忘却の境地なら忘れられることを知る。
その日から忘却の美食道を進んでいくというかなりインパクトの強い漫画。
忘却食事シーンは普段無表情な幸子の気持ちが強く感じられる。
幸子自身もかなりインパクトのあるキャラだが、出てくる作家先生たちも
個性が強い。オススメは松岡先生、とジーニアス黒田。

カラスヤサトシの日本びっくりカレー
作:カラスヤサトシ
カレー好きの作者が様々なカレーを食べるエッセイ漫画。
体を張った激辛カレーを食べたり、レトルトカレー食べ比べ、
カレー合コンしたりと、様々なカレーが出てくる。
古本屋好きなので神保町カレーの話と、スパイスをスパイスで炒めた物の
話が個人的にはオススメ。
続編におかわりっ!!と世界スパイス紀行がある。

 

171: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 23:32:23.30 ID:pGWwSVkL0.net

サラリーマンでグルメ漫画と言えば
サラリーマン麺太郎
作:南ヒロユキ
を思い出すな。

別冊漫画ゴラクでやってた4ページぐらいの短編漫画で
少し古めの漫画のパロディをラーメンに絡ませるという作風。
釣りキチ三平、美味しんぼ、リンかけ、いなかっぺ大将、男一匹ガキ大将とか
かなりの数の漫画パロディがでてきた。
いなかっぺ大将のパロ回で昔はかっこよかったのに何かギャグ体系になっているという、
漫画の連載時のイケメン面と後期のギャグ面の比較ギャグが面白かった。
何処からか単行本でないかな。

 

172: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/06(日) 18:52:06.98 ID:fOiFY1Uq0.net

>>171
すげー面白そう!単行本なってないのか残念
雑誌に短いページで食漫画って結構印象的なやつあるよね

すぐにタイトル出てこないけどw

 

173: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/07(月) 19:11:50.72 ID:oHm+Srb40.net
吉田類の思い出酒場
漫画:井上眞改
BSの旅番組『吉田類の酒場放浪記』のコミカライズ
下町の味編、横丁の味編などテーマに合わせた実在の酒場を紹介している。
ワカコ酒や荒野のグルメなどが好きな人にオススメ。

 

177: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 08:26:31.28 ID:0YdclrZW0.net

トリコ

読み始めて数ページでそっと閉じた

 

178: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 11:16:22.45 ID:UiR8jhuv0.net
>>177
最初から押し方が半端なかったしな
まあ、派手に遊んでたようだから、編集にも恩を売ってたんだろ

 

179: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 19:53:44.24 ID:7z+ClJOd0.net
のれんをくぐりましょ。
作:竹野内ひとみ
小料理屋を舞台にしたコミックエッセイ
作者は現実に店で働いている方なので客目線ではなく店員目線
一見さんや酔った客とのエピソードなど実体験を交えながら
意外と知らない小料理屋のアレコレを教えてくれる
小料理屋未体験の人へのある種ハウツー本的側面もある

 

180: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 20:02:46.69 ID:7HmPFxPz0.net
>>179
小料理屋行ったことないなあ
なんかちょっと敷居高いよね、値段もお高そうだし
実際に小料理屋に行くかどうかはともかく、その漫画はちょっと気になる

 

182: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 22:53:28.63 ID:7z+ClJOd0.net
>>180
料亭みたいなイメージあるけど居酒屋のほうが近いよ
入りづらそうってのはその通りで、漫画の最初の方のエピソードでも語られてる
結局は客側が勇気出して覗いてみてって結論だったけれども
今はwebで店のメニューとかを検索できたりするから昔よりは敷居が低くなってると思う

 

187: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 20:35:43.15 ID:2AJ0rqs30.net

すしいち!
作:小川悦司
幕末近くの江戸、寿司屋横丁にある「菜の花寿司」の生駒鯛介。
彼の寿司はうまいだけでなく、人の心も握る奇跡の寿司を握る
職人と呼ばれている。
料理が光る中華一番の作者の寿司漫画。当然のように寿司も光り、
食べた時の表現も大げさでかなりぶっ飛んだ表現で表され、時代劇物のためか
少しアダルティに男女ともに裸で表現されることが多い。
話は1話完結物で人情物が多い、また寿司を作る際下ごしらえから
丁寧に描いているのが特徴的。
オススメは同心達の海苔巻きの話と先代親方とキスの話。

大人のひみつシリーズより味覚のひみつ
作:ビッグ錠
2つ以上の食材を組み合わせ別の味を作り出す錬味術。その錬味術を極めんとする
アルケ味(ミ)ストと料理人が錬味術で勝負する。
学研のひみつシリーズのリメイク版に描かれている漫画の1つ。錬味術は
キュウリ+ハチミツ=メロンといったもの。ひみつシリーズらしく、味覚のに関する
最新の知識が書かれている。
また漫画の中で辛味は味覚でなく痛覚で判断している、舌の場所によって甘さや酸っぱさ
の感じ方が違うという説は今では間違いと分かっているなど、昔のビッグ錠漫画で
正しいと書いていた知識を間違っていると書いてあるのが面白いと感じた。

 

188: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/14(月) 22:38:57.59 ID:3HZ82QXj0.net

「おかわり飯蔵」作)魚柄仁之助、画)大谷じろう。

料理研究家で著作も数多い魚柄仁之助が原作。
料理屋の料理と家庭料理は目指す物が違う、というスタンスで
古道具屋の飯蔵(ハンゾウ、魚柄も元古道具屋)が柔軟な発想で
家庭で作れておいしい料理を紹介していく。
巻末に作中のレシピのバリエーションまで掲載しており、実用度では
グルメ漫画の中でもトップクラス。

 

189: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/15(火) 11:55:44.73 ID:KwALfDHU0.net

なんちゃって駅弁シリーズ
作:守靖ヒロヤ、画)上農ヒロ昭

日本各地の人気駅弁(富山ますのすし、横川峠の釜めし、西明石ひっぱりだこ飯etc)
の自作方法を紹介するという唯一無二のグルメ漫画。”なんちゃって”駅弁と言いつつ、
レシピを詳しく説明して、駅弁というのは実はものすごく手間がかかっている事が良く
分かる。中には既に販売中止になっている駅弁もあるので、駅弁マニアには資料としても貴重。
普通の単行本にはなっておらず、コンビニコミック形式で4冊出ている。

 

190: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 05:42:57.25 ID:d3dyxCes0.net
>>189
読みたい‼

 

191: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/16(水) 05:44:18.26 ID:d3dyxCes0.net
>>189
文字化けしたからもう一度。面白そうな漫画情報サンクス!

 

198: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/20(日) 16:23:02.73 ID:oW+zeONI0.net
>>189
コンビニでアンコール版が売ってたので買って読んだけど面白かった。
駅弁漫画ならアクションの駅弁ひとり旅(絵:はやせ淳、作:櫻井寛)が有名だけど、
駅弁を自作する設定は珍しかった。

 

201: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/23(水) 22:40:03.99 ID:6esZ+9XM0.net

グルメ漫画じゃないけど「じゃりン子チエ」の「おいしいお好み焼きの作り方」の
話で出てきたお好み焼きがおいしそうだった。
メリケン粉、だし汁、ナガイモ、キャベツとか基本的には普通のお好み焼き
だけど、スルメの糸切り入れてるのが特徴的だった。

あと「浮浪雲」のグルメ回が良かった。奥さんのかめが病気で蜘蛛の旦那が
料理を作るんだけど、豆腐を外で一晩おいたものを梅酒と調味料で味付けしたものや
焼いた味噌をつまみにしたりと旨そうだった。

長期漫画はグルメ回があったりするんでたまに読んでて腹減ってくるわ。

 

203: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 20:39:05.58 ID:uM3SVu620.net

瀬口たかひろ「福岡侍」

九州各県を擬人化した、ギャル侍という妙な格好の女子達がそれぞれの
県を紹介する「九州ガイドマンガ」。
各地のグルメ情報も豊富で、例えば大分は鶏肉消費量が日本一で
中津は唐揚げが昔からあるのでケンタッキーが定着しない、とか
焼酎は20度をストレートで飲むのが宮崎流、25度を割って飲むのは
鹿児島流、とか色々役には立たないけど面白い雑学が身に付きます。
九州のガイドなのにタイトルが「福岡侍」なのは、作者が福岡出身で郷土愛
の表れなのでしょう。(作中で福岡は九州の盟主と言い切っていますw)

ちなみに作者は昔週チャンで「オヤマ!菊之助」等の作品があり、その後は
ヤングアニマル等で描いている人です。

 

204: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/24(木) 22:50:26.65 ID:wWn7qQgm0.net

オリオリスープ
作:綿貫芳子
主人子は装丁のデザイナー原田織ヱ、彼女はスープが大好きで
季節の素材を使った様々なスープが出てくる。
1話完結で季節の物が題名になってその素材が出てくる。
梅酒や茶粥など飲み物や汁物なども出てくる。

おいしいかおり
作:ウオズミアミ
女性の同性カップルの薫と朔。生活していく中での同性愛ならではの不安や
苛立ちを感じるが、2人で薫特製のスパイスハーブの効いた料理を一緒に食べる
2人のひと時で心の葛藤を乗り越えていく。
各話スパイスハーブ名が題名でそのスパイスハーブを使った料理のレシピが出てくる。

 

207: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 22:27:34.42 ID:JdqDQlrK0.net
ういちのヤケクソめし
作:あかいこうじ
パチスロライターのういちがスロット漫画誌にもかかわらず
スロットせずにうま高弁当を買って食べる。掲載紙的に異色漫画。
値段をコイン枚数やゲーム数で考えるあたりスロットライターらしい。
3000円超す弁当をスロットで考えたら大したことないと考えるさまは面白い。
残念なことに弁当屋の許可がなかなかおりずに打ち切られた。
もっとやけくそな場面が見たかったのに残念。

 

211: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/10/06(火) 22:09:04.24 ID:gqmQv2Hu0.net
ばりごく麺
作:能條 純一
哭きの竜や月下の棋士の作者の書く痛快ラーメン漫画。
湯切りのデポで麺に微小な傷をつけスープの味が付きやすくする必殺技
が出てきたり、その時に湯切りのお湯がビームみたいに飛ぶ。
荒唐無稽ながら出てくるキャラは一生懸命ラーメン作ったり、食べたり
テンション高めの漫画。

 

218: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/10/11(日) 21:40:22.85 ID:7cFajn8Z0.net

メディアファクトリー(出版:KADOKAWA)のご当地グルメコミックエッセイ、
「まんぷく○○(地名)」。札幌から沖縄までシリーズ10冊くらいあり。

特徴は漫画家に現地に詳しい案内人が付き、ジャンル別におすすめの店を紹介
する構成になっている事。なので取り上げる店は観光客向けの店でない場合が多く、
普通の観光ガイドブックには載っていないような美味しい店の情報が得られる。

漫画家は各巻バラバラで、ゆるい絵柄の無名の人が多いが、広島編は「ワカコ酒」で
ヒットした新久千映が描いており、シリーズで唯一タイトルに作者名も入っている。
ちなみにこのシリーズは書籍扱いなので図書館で置いているところも結構ある。

 

223: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/10/24(土) 23:06:25.55 ID:gnsB2/h+0.net

チロルチョコで働いています
作:伊東フミ
名前の通りチロルチョコ株式会社(正式名称)で働いている人のエッセイマンガ。
チロルチョコの話や制作会議の内容などが出てきてなかなか面白い。
チロルチョコに恐ろしいほど色々種類(明太子味とか)があって驚いた。

あたりまえのぜひたく。
作:きくち正太
獣王バイオや三四郎^2、おせんなどでゆうめいなきくち正太のエッセイマンガ。
奥さんが作るきくち家の日常料理を2人と編集1人で食べる優しい感じのする漫画。
スイカは切らずに割ったほうがおいしい話は個人的には衝撃的だった。
食漫(廃刊したグルメ漫画雑誌)にアシスタントが描いた似た読み切りがある。

 

224: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/10/25(日) 11:03:25.37 ID:9dHU9TU60.net
>>223
きくちのアシが描いたやつは、なんかベタベタの身内褒めって感じでキモチ悪くなったな

 

242: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/04(水) 19:33:11.15 ID:TctOUmj00.net
オリオリスープ
作:綿貫芳子
タイトル通り 季節折々の食材を使ったスープ、汁物が登場する漫画
主人公はデザイン事務所で働くマイペースな女性
彼女とその周囲の人間とのエピソードにスープ、汁物系料理をからめて物語が展開していく
料理そのものよりもメインは人間ドラマなので『きのう何食べた?』や『にがくてあまい』に近い

 

246: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/08(日) 21:38:20.34 ID:PLdrM0oo0.net

ホスピめし
作:野崎ふみこ
名前の通りホスピタル(病院)での食事の話。
病院の管理栄養士の麦子が病人、妊婦、老人、子供など
の食事を通じて心や体を治療していく漫画。
色々な症状の人や家族が出てきて対応もそれに応じて
千差万別なのが特徴的。続編の2nd seasonがある。

文豪の食彩
絵:本庄敬  作;壬生篤
主人公の新聞記者が文豪の食に関するコラムを書くため
その文豪に関係ある食事をしていき、その食事を通じて
文豪の素顔が垣間見える作品。
夏目や芥川、太宰といった有名な文豪とその作品を題材にしているので
すんなり読んでいける。また原作者のコラムも読みやすく、中身も濃い
ものとなっている。

 

247: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/09(月) 02:20:34.39 ID:tNxzSVhZ0.net
>>246
生き字引さんありがとう

 

255: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 00:25:05.66 ID:3AYSTwGc0.net

さぼリーマン 飴谷甘太朗
漫画:アビディ井上 原作:萩原天晴
実在の店が登場するスイーツ男子食べ歩き漫画。
主人公は各地の甘味を食べるために内勤から外回りに転職するほどの甘味好き。
この漫画の特筆すべきは彼の食事時の脳内描写
シュールレアリズムの絵画を彷彿とさせる表現が圧巻

スイーツ本部長 一ノ瀬櫂(全三巻)
作:佐々木 善章
同じくスイーツ男子の漫画だが、こちらは食べるだけでなく自分でも作る
主人公の一ノ瀬は社内ではやり手の本部長で通っているが頭の中はつねに甘味一色の男
勤務中にお菓子関連の単語をうっかり口走ってしまうほどのフリークだが
周囲はそんなひとことを都合よく勘違い、解釈して、
結果的に仕事のトラブルや悩みが解決してしまうギャグテイストの漫画

 

263: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/22(日) 16:07:36.23 ID:FTXWZ9bv0.net
>>255
スイーツ本部長好きだったんだがなあ
コミックスに載らなかった話が山ほどあるからもう一巻出してほしいが

 

257: 名無しんぼ@お腹いっぱい@\(^o^)/ 2015/11/17(火) 10:36:20.12 ID:nbJjOQca0.net
あと、正確にはグルメ漫画じゃないけど、浦沢直樹の漫画はおいしそうに見える。
」は味も想像できない外国の料理がほとんどだけどお腹がすいてくる。
「ダンジョン飯」の作者:九井諒子の漫画も味が想像できないのにおいしそう。
竜を食べるのもいいけど、個人的には「ひきだしにテラリウム」の「すごい飯」が好き。
リアルに献立の参考にするならオカヤイヅミの「すきまめし」、
変化球でくぼたまことの「天体戦士サンレッド」単行本の「ヴァンプ将軍のさっと一品」、
食べ歩きの参考にしたいなら秀良子の「おしゃべりは、朝ごはんのあとで。」とか。

 - マンガ , ,