俺のアイドルまとめ

でんぱ組や地下アイドルを中心にまとめるブログ

チケットキャンプ(チケキャン)の考察と裏技

      2017/01/19

桜野です。 今回はチケットキャンプについて考察します。

チケットキャンプは、チケットが余った人がチケットを欲しい人に売るためのサービスでミクシィのグループ企業であるHunzaが運営しているようです。

スポンサーリンク

チケットキャンプは利用者数がウリ

チケットキャンプホームページに、チケットキャンプは”利用者数”、”成約率”、”決済方法”がウリであると書いてありました。

“決済方法”については、事務局でお金を預かり〜という まあありふれたもの。 “成約率”は”利用者数”によって左右されることを考えると、 やはり”利用者数”が一番のウリと言えるでしょう。

実際に、私の周りでもよくも悪くもチケキャンの名前はよく聞く様になりました。

マネタイズがえげつない

ざっくり見ると買い手、売り手共に手数料を大体5%取られるとのこと。 (※定価以下の取引は無料)

10000円のチケットが売れる度に、チケットキャンプに1000円入るわけです。 転売屋がチケットを売るほど大儲けするシステムですね。

あまり法律に詳しくはありませんが転売行為は法的にグレー、もしくはアウトだと思います。 このえげつないシステムいつまで続けられるのでしょうかね^^;

まとめ

利用者は多く、定価以下手数料が無料なことから、 定価以下の出品(野球など)を購入する際には重宝しそうだなと。

しかし、定価以上でチケットを買うなら チケット販売元を攻略して自力で取った方が安心ですね。

現在チケット攻略についての資料作成中ですが、 途中段階でも欲しい方いらっしゃいましたら、 お問い合わせからご連絡下さい。

チケットキャンプ

スポンサーリンク

 - Webサービス