俺のアイドルまとめ

でんぱ組や地下アイドルを中心にまとめるブログ

サイリウムとキンブレ、結局どっちがいいの?メリット・デメリット、明るさについて考えた

      2016/08/12

こんにちは。桜野です。 現在のアイドル現場において、サイリウムやキンブレは欠かせない存在です。 みなさんは普段のライブでサイリウムとキンブレ(キングブレード)のどっちを使っていますか?今日は両者のメリットとデメリットや明るさについて考えてみました。

スポンサーリンク

サイリウムのメリット・デメリット

メリット

  • 複数本同時に折ると明るい
  • 持ち運びが便利で最悪無くしても平気
  • 折るのが気持ちいい(笑)

  デメリット

  • 1本100〜150円程度するため、コストがかかる
  • 色によってはすぐ暗くなってしまう
  • ゴミが増える

 

キンブレのメリット・デメリットについて

メリット

  • 電池が新品だと明るい
  • 色の変更が可能なので、でんぱ組のライブなどで1本で済む
  • 1度買うだけなので経済的

  デメリット

  • 1本の値段が高いため、落とすともったいない
  • 大きくてライブ中邪魔になる
  • 電池が少なくなると少し暗くなり、色の違いがわからなくなる

 

サイリウムとキンブレの明るさについて

私個人の考察ですが、オレンジ系のサイリウムは発色が強い印象です。 しかし、赤や緑などその他の色は、すぐ暗くなってしまう印象があります。 また、キンブレについては電池の残量で光り方が変わるため、定期的に電池にの交換をすべきでしょう。 以上を踏まえて明るさを比べると以下になります。 【明】(新しい電池)キンブレ>(折ってすぐ)サイリウム>(古い電池)キンブレ>(折ってから少し経過)サイリウム【暗】  

結局どっちがいいの?

妄想キャリブレーションやバンドじゃないもん!公式からキングブレードが発売されたことが話題になりましたが、実際のところどっちがオススメかについて考えます。 妄想キャリブレーションで公式キンブレが発売された際に、「妄キャリ現場でキンブレは流行らない」という見方が多数を占めていました。しかし、メンバーからの販促もあり、現在では所々で見受けられるようになりました。とはいえ、妄キャリなどヲタ芸を打つような現場、落ちサビで一色に染めるような現場にキンブレは合わない印象です。 なので、地下現場などで落ちサビといった要所だけで使用するならサイリウム、でんぱ組など指定席のライブや様々な色を使用するライブではキンブレがおすすめかと私は思いました。 最近ではキングブレード iLite ブルーのような電池式の小さいキンブレも存在するので一度ご覧になってはいかがでしょうか。  

 

 

 - ヲタク ,