俺のアイドルまとめ

でんぱ組や地下アイドルを中心にまとめるブログ

Unity Web Playerがインストールできない場合の対策や危険性について

   

Unity Web PlayerをUnityで制作されたコンテンツをブラウザ上で起動することを可能にするブラウザ用のプラグインです。グラフィック・物理演算などの長所を活かした3Dゲームに数多く用いられています。

最近だとhangameの「大航海時代Ⅴ」や「人狼パーティー」もUnity Web Playerを使用する必要があるなど、インストールしておくべきプラグインの一つと言えるでしょう。

そんな、Unity Web Playerですが、一部ではインストール・アンインストールが上手くできない、起動できない、エラーが出てクラッシュしたなどの声があるため、今日は対策についてまとめてみます。

また、セキュリティ面など危険性が気になる方も多いのではないでしょうか。そのような方に向けてセキュリティ面についても考えてみましたので、併せてご覧ください。

 

インストール方法

まずは、インストール方法についてです。

https://unity3d.com/jp/webplayer

Unity公式サイトからダウンロード

スクリーンショット 2016-08-11 0.39.19

ダウンロード後はブラウザを再起動し、「お使いのWeb Playerのバージョン」の「Unityプラグインのバージョン」に表示されれば成功。

Google ChromeではUnity Web Playerは使えない

 

Unity Web Playerが使えないと嘆く方の一部は普段Google Chromeを使用しているユーザーではないでしょうか。

Google Chromeでは2015年下旬からNetscape Plug-in API(NPAPI)と呼ばれるAPI(機能)をセキュリティなどの面からブロックを進めてきました。

スポンサーリンク

その結果、現在Google ChromeではUnity Web Playerの使用が出来なくなっています。

Google Chromeでは使用できないですが、Windows , mac ともに、現在の所、Firefox、IE、SafariではUnityWebPlayerが使用できます。スピード面などを考慮すると、代替ブラウザとしてはFirefoxが良いかもしれませんね。

※Firefoxで起動できなくても、IEもしくはSafariで起動できる場合もあるようなので、別のブラウザを試すのも一つの手でしょう。

Unity Web Playerの危険性

私たちは終了プロセスの最初のステップ、つまり Web Player を非推奨(deprecation)とすることを発表します。Unityが機能を非推奨(deprecated) にするということは、その機能の利用は控えた方がよく、また将来のUnityのリリースで削除されます、という意味です。

じゃあ、今ウェブ上にあるWeb Playerで作られたコンテンツはどうなるの?ユーザーはUnity Web Playerで作られたゲームを今後も遊べるんですか?

短い答えは「はい」です。Web Playerで作られたコンテンツはNPAPIプラグインをサポートするブラウザーで遊ぶことが出来ます。Unityは Unity 5.3をその後もダウンロード可能にします。Web Playerは現存するコンテンツについてはどれでもひきつづき実行する事が出来ます。
ただし、それにはNPAPIをサポートするブラウザーを利用するか、NPAPIサポートを打ち切る前の古いバージョンのブラウザーを使う必要があります。加えて、Web Player のビルドはメンテナンスを打ち切るので、私たちにはこれを利用することにはセキュリティ上の潜在的なリスクがあることをユーザーに周知する必要があります

http://blogs.unity3d.com/jp/2015/10/08/unity-web-player-roadmap/より引用

公式でWeb Playerの使用を非推奨、将来的には古いブラウザなどの一部のみで使用可能となるが、セキュリティ面では保証できないとの掲載がありました。

なので、将来的にUnity Web Playerの使用は控えるべき傾向にあるのかもしれません。

セキュリティ面で気になる方などはウイルス対策ソフトを試してみてはいかがでしょうか。

最近はESETがおすすめです。

 

それでも起動できない場合(キャッシュ削除編)

それでも起動ができない場合はブラウザ・Unityのキャッシュ削除を試してみましょう。

■ブラウザキャッシュ削除方法

・Firefox
 1.[ツール]メニューから[最近の履歴を削除]を選択
 2.履歴の期間で[すべての履歴]を選択し、消去する項目で[キャッシュ]にチェックを入れて、
 [今すぐ消去]をクリック

・Internet Explorer
 1.[ツール]メニューから[インターネットオプション]をクリック
 2.[全般]タブ内の「閲覧の履歴」で[削除]ボタンをクリック
 3.[お気に入りWebサイトデータを保持する]のチェックを外す
 4.[インターネット一時ファイル]にチェックを入れる
 5.[削除]ボタンをクリック

・Safari
 1.メニューから[Safariをリセット]を選択
 2.[履歴を消去]にチェックをいれて[リセット]をクリック

■Unityのキャッシュ削除方法

1.http://unity3d.com/jp/webplayer/setup にアクセスする
2.「Delete All」を選択しキャッシュを削除する
3.ブラウザを再起動する

それでも起動できない場合(アンインストール編)

一度、アンインストールして、もう1度インストールしなおすと、起動できた事例もあるようなので、アンインストール方法も紹介しておきます。

■Windows

1.ブラウザを全て終了する
2.[コントロールパネル]から[プログラムのアンイストール]または[プログラムと機能]を選択する
3.「Unity Web Player」を右クリックして、アンインストールを選択。
4.ブラウザを再起動し、再度インストールをしましょう。

■mac

 1. ブラウザを全て終了する
 2. Macintosh HD/Library/Internet Plug-Ins/Unity Web Player.pluginを削除
 3. ゴミ箱を空にする

それでも起動できない場合・・・

上記作業を試しても起動できない場合がございましたら、ぜひコメント欄にコメントをお願いします。

解決できるかどうかはわかりませんが、できる限り相談に乗りますので。

 

 

 - PC , , , ,